一宮市の南中・丹中専門の個別指導学習塾「進学個別 修徳ゼミナール」が学力アップを全力でお手伝いいたします!

〒491-0845 愛知県一宮市下川田町3-32

お気軽にお問合せください

0586-28-3759

営業時間

13:00〜21:00 (月〜土)

子どものやる気を引き出す! 親のアプローチ

☆人間の行動には、原因がある!☆

◇子どもが親の言うことを聴かないのには理由がある。その理由を親は知ろう
とはなかなか思わない。親の言うことを聴かない子どもが悪いとはじめから思
っているから、力ずくで親の言うことを聴かせようとする。無理やり親の言う
ことに従わせようとする。


◇それでは、ネズミ叩きと同じで、いつでも怒っていなければならないのだ。
そこで、今回は、何で親の言うことを聴かないのかを探ってみることにしよう。
そういう時の会話はこんな感じだ。まずは、いつもの会話から。

お母さん:A君、中間テストが近いけど、勉強大丈夫なの?
A君 :うん〜。どうだろう?
お母さん:どうだろう?って何よ。自分のことなんだから、しっかりしなさ
いよ。
A君 :平気じゃない?!
お母さん:何それ?!勉強しなさいよ!
A君 :分かった、分かった。する、する。
お母さん:いつもそうじゃない!する、するって言うだけで何もしないじゃ
ない!
A君 :うるさいな!すればいいんだろう!

◇いつもの会話は、性急過ぎるのだ。こんな感じでどうだろうか。

お母さん:A君、中間テストが近いけど、勉強大丈夫なの?
A君 :うん〜。どうだろう?
お母さん:えっ?!中間テストが近いの知らなかったの?
A君 :知ってたよ。
お母さん:お母さんに声かけられるの待ってたの?
A君 :そんなわけないじゃん。
お母さん:じゃあ、どうしたの?勉強しなくていいの?
A君 :そんなわけないじゃん。
お母さん:じゃあ、勉強したくない理由があるんだ。
A君 :え〜。どうかな?ないんじゃない?
お母さん:もしあるなら、お母さんに話してみない?きっと楽になるかもよ。
A君 :そんなわけないじゃん。
お母さん:まあ、そろそろ勉強しないとね。今度のテストの目標点は、決め
ているの?
A君 :そんなわけないじゃん。全然、決めてないよ。
お母さん:じゃあ、お母さんと決めようか。
A君 :なんで目標なんか決めないといけないの?やだよ。
お母さん:A君は、どんな時に勉強しようと思うの?
A君 :どういう時かな?
お母さん:お母さんにしてほしいことある。または、してほしくないことあ
る。A君が、勉強に取り組めるように協力したいのよ。
A君 :一番は、ほっといて欲しいんだけど。

◇お母さんは、辛抱強く会話を続けながら、A君の勉強しない理由をA君自身
に気づかせることだ。それだけでいいのだ。親の言うことを子どもに聴かせる
ことが、親の目的ではないはずだ。子どもがやる気になって、どんどんチャレ
ンジしてもらうことが、親の目的ならば、そうなるように、子どもに気づかせ
ることが重要なことなのだ。そのために、コミュニケーションをとるように心
がけてみよう。

☆勉強を見るコツ☆

◇子どもの勉強を上手く見るコツは、あまり教えないことだ。親身になりすぎ
て教えてしまうと、子どもが分からない時に、「何で分からないの!?」と詰
問してしまって、お互いの感情を害することになる。

◇だから、教える時には、分からなくても当たり前という前提で、まず子ども
に対峙することだ。そして、分からせるというよりも、子どもは、この問題の
何が分かるようになれば、自力で分かってくれるのかを考えながら、遠回りし
て教えていくことだ。

A君 :お母さん、この問題教えて! 
お母さん:お母さんに分かるかな?算数苦手だから。
A君 :この問題だよ。
お母さん:うんうん、なるほど、この問題か。A君、この前さ、こんなこと
習ったでしょ。覚えてる?
A君 :え〜?こんなのやったっけ?
お母さん:ほら、こんな式よ。きっとやったでしょ。覚えてない?
A君 :え〜?こんな感じで解くやつだっけ?
お母さん:そうそう。それ!思い出した。
A君 :うん。思い出したよ。
お母さん:じゃあ、この問題だけど、この前の式で考えたことをちょっと利
用するとわかるかもよ。
A君 :どうやって?
お母さん:この問題は、こういう風に読んでみると、これとこれが二つに分
かれるでしょ。
A君 :そうだね。あっ!分かったよ!こうすれば良いんじゃないの?
お母さん:そうそう、そういう風に考えればよいのよ。こういう問題が出て
きたら、以前やった問題で解けるかどうか、考えながら、やって
みたら。新しい問題に見えても、今まで習ったことを基にして考
えると出来るかもね。
A君 :うん。ありがとう!


◇教える側は、分かる前提を考えながら教えることが、基本だ。既知から未知
へと教えるのが、教師の鉄則だと言われるが、まずは、子どもが、何を知って
いるかを知って、分からないのは、どういうことが分からないのかを理解して
教えることだ。


◇極力子ども自身で気がつくようにもっていくことだ。なかなか気がつかなけ
れば、あまり深入りしないで、学校の先生に聞いてみなさいよといって切り上
げて、違う勉強を促してもいい。お母さんとの関係を悪くして、勉強から遠ざ
かっては意味がないから。

作者:中土井鉄信(MBA代表)

子どもを励ます!

◇子どもは、無邪気な悪魔だと言われる時もあれば、無垢でか弱い存在だと言
われる時もある。子どもは風の子元気な子と言われる時もあれば、親の庇護を
必要とする小さな存在だと言われる時もある。つまり子どもは、両義的な存在
なのだ。だから、子どもを上手く把握することはなかなか難しい。特に、親は、
心理的距離が近づき過ぎていて難しいものだ。


◇そうは言っても、親として子どものことをケアしなければならない時がある。
特に子どもが何かに不安を覚えている時や何かにショックを受けている時、そ
して傷ついている時に、親として子どもを励まさなくてはならない。


◇しかし、先に述べたように、子どもの心理の把握は、難しいから、簡単に子
どもの心理を断定して、あれやこれやとなかなか言えない場合がある。そんな
時にどうすればよいのか。それは、子どもの存在自体を励ますことだ。そうす
れば、子どもの動揺は、解消される可能性が大きい。

お母さん:今日は、どうしたの?元気ないように見えるけど。
A君 :え〜。そうでもないよ。
お母さん:そう?お母さんの気のせいかしら。でも、何か普段と違うように
感じるけど。
A君 :どんな点が、違うの?
お母さん:お母さんも上手く言えないけど、A君の顔つきが、いつもとは違
って、元気じゃないように感じるのよ。
A君 :そう。元気がないように感じるのか。まあね。ちょっと嫌なこと
があったんだ。
お母さん:良かったら、お母さんに話してみてよ。嫌なことは誰かに話すと、
少しはすっきりするもんよ。
A君 :先生がさ、僕がしゃべっているわけでもないのに、僕のことを注
意したんだよ。「うるさい!黙れ!」って。
お母さん:それは、ムカつくわね。
A君 :そうなんだよ。でもそれだけじゃないんだ。一番うるさいやつを
ほって置いて僕だけ注意するんだよ。先生は。
お母さん:そうなの。それは、参るわね。先生がえこひいきしているみたい
よね。
A君 :そうなんだよ。それが凄く嫌なんだ。
お母さん:お母さんもA君の立場だったら、嫌だわ。だけど、きっと先生は、
誤解しているのかもね。お母さんは、A君が、そんな悪い生徒だ
とは思えないけど。
A君 :先生は、多分僕のことが嫌いなんだよ。
お母さん:そんなことはないんじゃない?!お母さんは、あなたがどういう
子だか知っているから、大好きだけど、先生は、まだA君のこと
を良く知らないだけよ。
A君 :そうかな?
お母さん:今度、先生と二人きりで、話をしてみたらどう?きっと、A君の
ことを理解してくれると思うわ。だって、私の大切な息子なんだ
から。


◇こんな時は、存在の重要性を伝えてあげよう。それだけで、もう一回、A君
は、先生と向き合う勇気が持てるかもしれない。励ましは、存在の承認だけで、
伝わる場合もある。子どもの気持ちを真正面から受け止めて、子どもの存在を
承認してあげよう。

作者:中土井鉄信(MBA代表)

☆子どもに何を期待するか☆

◇子どもに、過剰な期待を抱くことは、避けなければならないが、全く期待を
かけないということも、よくないことだ。過大評価も過小評価も子どもにとっ
ては迷惑な話なのだ。

◇しかし、そうはいっても、子どもに期待してしまうのは、親の性だ。親とし
て過大に評価をしてしまいがちになるし、その裏返しとして過小に評価をして
しまう場合もある。それは避けては通れないことなのだが、それでも過大評価
にも過小評価にも陥らないで期待をかけられるとすれば、どうすればよいのだ
ろうか。難しい問題だが、子どもの行動に注目して、その行動を評価していく
ことだ。

お父さん:最近、頑張ってるな!
A君 :え〜。そうでもないよ。
お父さん:去年だったら、部活だ文化祭だといって、全然勉強に手がつけら
れていなかっただろ。今年は、自分なりに勉強を計画的に進めて
いるように見えるけど。
A君 :そうかな?まあ、受験生だからかな。
お父さん:そうか。受験生だからか。受験の意識が出てきたんだね。それに
しても、A君が、一年間で成長したってことだよ。お父さんは、
ちょっと自慢だな。こんな息子を持って。
A君 :何言ってんだよ。お父さん、ちょっと疲れてるんじゃないの?子
どもにおべっか使ったりして。
お父さん:そんなことないよ。お父さんは、感じたまま言っただけだよ。
A君 :そう。ありがと。


◇このお父さんは、評価軸をしっかり伝えている。「勉強を計画的に進めてい
る」ということが、評価に値することだと伝えているし、去年と違った息子の
行動を嬉しく思うと気持ちも伝えている。こういう表現が、子どもに期待を感
じさせるのだ。行動の承認や成長の承認をしっかりすることが、子どもに期待
を寄せる表現になるのだ。

中土井鉄信(MBA代表)

☆子どもにメッセージを伝えよう!☆

◇子どもが大人になった時に、親の価値観が、そのまま反映されてしまうとい
うことを意識しているだろうか。子どもは子どもだから、親とは違う価値観で
生きるはずだ!と考えるのは、ちょっと間違っている。完全に一致した価値観
ではないが、非常に強く親の価値観に影響を受けて、子どもは生きていくこと
になるのだ。


◇だから、常日頃から、親として、どういう価値観を子どもに引き受けてもら
うのかを意識したほうが良いのだ。だから、たまには、子どもが聞こうが聞く
まいが、親のメッセージを伝えたほうが良い。子どもはきっと大人になってか
ら、いつも親父は、お袋は、こんなことを言っていたな!と振り返って、自分
の生き方に取り込んでいくから。

お父さん:A君、勉強は、何のためにやるのか知っているか。
A君 :急にどうしたの?そんなことは分かるわけないじゃん。
お父さん:勉強はね、自分のためと言うよりも、社会のためにやるもんなん
だよ。
A君 :えー?自分のためじゃないの?
お父さん:そうじゃないんだ。勉強は、自分が社会に出て、社会で役に立つ
ために、一生懸命学ぶものなんだよ。
A君 :でも、お母さんは、自分のために、勉強はやるものよって言って
たよ。
お父さん:そういう側面もないわけではないけど、な。好きなことだけじゃ
なくて、嫌いなことも学んで、君が社会に出てからも立派に人生
を渡っていくために、学ぶって側面も当然あるけれど、それだけ
じゃないんだ。社会のため、みんなのために学ぶんだよ。
A君 :へぇ〜。なんか大変だね。
お父さん:そうかな。まあ、兎に角、頑張ってやれよ。
A君 :結局、勉強やれってことなの?!
お父さん:いやいや、そういうわけじゃないよ。お父さんは、勉強する意味
を君に伝えたかっただけだよ。


◇こんな会話をたまには、お父さんもお母さんもしてみてはどうだろうか。人
間としてどうなのか、というメッセージをしっかり伝えよう。きっと大人にな
って、こういうメッセージがやる気の素になったりするものだ。

作者:中土井鉄信(MBA代表)

☆こんな時、Iメッセージを使おう!☆

◇IメッセージとYOUメッセージという言葉を聴いたことはあるだろうか。
子どもを叱る時には、Iメッセージが有効だ。YOUメッセージの叱り方と比較してみよう。

お母さん:A君、朝から何をゴロゴロしているの?
A君 :別に。ゴロゴロなんてしてないよ。
お母さん:じゃあ、学校の宿題でもしなさいよ。なんで、こう毎日、ゴロゴ
ロ出来るんだろうね!
A君 :だから、ゴロゴロしてないよ。テレビを見ているだけだろ!
お母さん:そういうのをゴロゴロしているというのよ。駄目な子ね!こんな
ことばっかりしてたら、ろくな大人にならないわよ!もっとシャ
ッキとしなさい!
A君 :分かったよ!勉強すればいいんだろう!


お母さん:A君、朝から何もすることないの?
A君 :別に。
お母さん:じゃあ、学校の宿題でもしなさいよ。お母さんは、あなたが勉強
している姿を見るのが好きだな!
A君 :え?僕は今テレビを見ているんだけど。
お母さん:お母さんは、やることがあるのに、あなたがテレビを見てやるこ
とをやらないのは、嫌だわ。
A君 :分かったよ!勉強すればいいんだろう!

◇この二つの会話は、同じようなものだが、二つ目の会話には、Iメッセージ
が含まれている。お母さんの気持ちを直接伝えているのだ。相手の行動を自分
としてはどう感じるかを伝えているのだ。注意を促したい時に、Iメッセージ
を活用して欲しい。子どもは、基本的に親の求めに対して応えるものだから。

作者:中土井鉄信(MBA代表)

☆自信は、どこからやってくるのか☆

◇自信とは、自分の可能性を信じることだ。自分には、何かをやる能力がある
とか、自分は、どんな状況でも何とかなるとか、自分に対する信頼がある状態
を自信のある状態というのだ。


◇こういう自信を持つためには、どういう感情が必要なのか。それは、自己を
肯定する感情だ。自己肯定感が、自信に繋がるはずだ。それでは、この自己肯
定感は、どうすれば高まるのか。


◇それは、交流分析の言うプラスのストローク、特に無条件のプラスのストロ
ークで、自己肯定感は高まる。それから、私の言う承認作用によっても高まる。


◇たとえば、無条件のプラスのストロークとは、子どもが、何かをしたから褒
めるというよりも、何もしなくても子どもがいるだけで、親として子どもを認
めるというものだ。たとえば、算数のテストで、100点を取ったから褒める
というのは、条件付のプラスのストロークだ。それに対して無条件のプラスの
ストロークは、どんな得点でも親として子どもに対して優しく接するというこ
とだ。


◇私の言う承認作用もそれに似ているが、算数の点数で、30点取ってきたら、
出来ているところを認め、出来ていないところは無視をするというものだ。全
体の評価というよりも、できている部分を見逃さずに認めていくというものだ。


◇こういう子どもの肯定的な面をいつでも関心を持って見つめていくと、子ど
もの自己肯定感は、高まっていく。そうすると、だんだんと新しいものにチャ
レンジしていくようになる。


◇そうなると、何に対しても自信を持って望めるようになるし、新しいことを
して、失敗しても、失敗から何かを学ぶようになっていく。自分自身の強さを
実感できるようになってくる。


◇私たちは、子どもの良い面と悪い面を同時に認めることだ。そして、良い面
に関心を示して、良い面を伸ばしていこうとすることだ。そうすれば、子ども
は自分自身の可能性を信じられるようになる。そうなれば、子どものやる気は
断然高まってくるはずだ。

お問合せはこちら

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 入塾する前に、授業の様子が知りたい。
  • 苦手な分野が多いのですが大丈夫?
  • 勉強する習慣を身に付けられますか?
  • 講義についていけるか不安です。
  • テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)

お知らせ

理科実験教室

7月13日(木) 16:00~17:20
「アイスクリーム作ろう!」
対象:小学4~6年生
参加無料です。

2学期期末テスト
対策授業

11月11日(水) から2学期の期末テスト対策授業を開始いたします。

お知らせをすべて見る

ECCジュニア 下川田教室

幼児コースから中学生コースまで、英語の長期一貫学習が可能なECCジュニアを併設しております。

詳しくはこちら

会社案内

進学個別 修徳ゼミナール

0586-28-3759

0586-28-3744

syuzemi@mbj.nifty.com

URL:http://www.syutoku.co.jp/

営業時間

13:00〜21:00 (月〜土)

住所

〒491-0845
愛知県一宮市下川田町3-32

地図はこちら

講師募集

修徳ゼミナールでは元気で明るく、子供たちを教えてくれる先生を募集しています。
お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら